2017年11月4日土曜日

労働生産性を高めるために

転職が趣味のようにいくつもの会社を転々としてきました。長く持って3年。
どの組織もPCという道具を十分に活用することなく、労働生産性を高める伸びしろは大きいと確信しています。

自分を、職場を見渡してこんなことはありませんか?

  • Excelの画面を見ながら電卓を叩いている。
  • 一発で変換出来ない名前を別読みで入力し変換している。
  • 必要なFileがすぐに探せない。

ひとつでも当てはまれば、労働生産性の伸びしろは大きく、組織としては、人件費を大幅にカット、つまり利益を増やせます。労働者としては、もっと楽に早く作業が行なえます。

PCを活用できない原因は、ハードとソフトはあるけれど、使い方が個人任せになっているからです。使い方の能力の物差しがありません。個人のITリテラシーを判断できる上司もいないという組織がほとんどですから20年間進歩がない組織が多く存在します。

アルビン・トフラーが第3の波として情報革命を予言しましたが、私が見てきた組織は全て革命前の組織でした。意識がアナログで、デジタルに変化していません。具体的には、印刷することが目的。労働生産性を考えている経営者も個人もいないことが実情です。

情報革命は、入口から出口までデジタルで繋ぐ。それを行えば情報処理の労働生産性は革命的に高まります。

銀行は成功しました。昔はお金をおろすにも入金するにも伝票に記入して窓口で処理してもらっていました。それが、今やATMでペーパーレスのセルフサービスで行っています。銀行はこれでどれだけ人件費が削減出来たことでしょう。

情報のデジタル化は入り口が肝要です。経理処理は会計ソフトで行っていると思いますが、旧態然と振替伝票を手書きで記入し、それをPCに入力するという運用をしている企業は、運用方法を変えることで経理スタッフを半分以下に出来るでしょう。

経理、総務、営業事務の社員が6人の組織で上手にPCを使えれば半分の3人で同じ量の作業が出来ます。1人の年収が300万円として3人減らせば毎年900万円の利益を生むことになります。

これだけ利益を生むのに、IT投資をしないのは効果を知らないからでしょうか。
車なら、一度にこれだけ運べると目に見えます。人が運んでいたものを車で運べば人が要らなくなるのは誰でも分かります。ユンボを導入すれば、作業員がほとんど要らなくなるのも目に見えまする。しかし、IT投資は効果が見えません。PCの販売会社ですら、デジタル処理ではなくアナログ処理を勧めて、労働生産性が低くなった例もあります。

文具には金を出すが、PCソフトには金を出さない風習もなぜかあり、1万円もしない年賀状ソフトを購入すれば、DM発送が効率よく行えるのに、ワードでタックシールのフォームに入力して何倍も手間と時間をかけている組織も見たことがあります。

アナログとデジタルの変換が手間と金がかかります。手書きされたものを入力することや、印刷です。費用を抑えるためには、最初からデジタルで入力することと、印刷しないことです。それだけで時間と費用が大幅に節約出来ます。

アナログな思考から抜け出せない人が多くいる組織に縁があるようで、どの組織もPCを使っているけれど使い方はワープロから進化していません。しかも、Wordの機能もほとんど使わず、インデントやスタイルさえもご存じない状況です。。
Microsoft Excelもワープロとしてしか使っておらず、印刷する形を作り、その中で式を入れたりもしているけれど、それだけです。せっかくのMicrosoft Excelなのだから、シートを分けて、データを入力しやすいシート、データを計算するシート、印刷書式のシートとすれば、効率が良くなるんですけれど。

PCの特技である検索や照合機能も使わず、目で探し、目で照合しています。PCに任せればば正確に早く楽に出来るのにそれをしていません。どうしてそんなにしんどいことをしているのだろうと不思議に思うし、PCが可哀想でストレスになります。

IT教育に個人も組織も力を入れて、労働生産性を上げることで、組織は利益を上げ、個人は残業を減らし有給休暇完全消化していただくことが私の願いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿